--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.02.11

手が自由に

ベッドに繋がれていた両手が自由にされた。

あとは、心拍数をはかるためのセンサーと、栄養のための点滴が体にはつながれている。

親父がベッドの上で自分で上体を起こした。
家に帰りたい一心のようだ。

親父の話では、
昨晩、タクシーを呼んで家に帰ったのだという。
帰って何をしたのか聞いてみたら、家で寝たのだという。
ほかには何もしなかったらしい。

もちろん親父は昨夜、病院から一歩も外には出ていない。
よほど帰りたいのだろうとは思う。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。