--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.02.08

手術

今日、主治医に呼ばれた。
以前話された、体の中に機械を埋め込む手術を家族で話し合っておくとよいのではないかということだった。

このままでは退院も視野に入れなければならない。
そうなった時に、いつ発作が起こるかわからない。
その発作のための予防の機械である。

親父の人生、もう長くはない。
短いだろうと思う。
その機械を埋め込むために二週間もベッドに縛られた生活を送らなければならないかもしれない。

親父の人生のためによいこととは何だろうと悩む。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。