--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.01.15

入院

今日は親父の月一度の診察の日だった。
しかし、家族の誰もが親父がそのまま入院することを承知していた。
事前に主治医に電話で相談したところ、主治医はなんとしても入院してもらうと言っていたからである。

親父は11年前に心臓の手術をしている。
しかし、完治したわけではなく、今でも血流が悪い。
そのため、腎臓や肝臓も悪くなってきている。

肝臓が悪いがために、足が腫れ上がっている。
既に人間の足ではないように見える。

それに素人の私からでも親父が認知症であることが疑われる。
怒りっぽく被害妄想がひどい。
自分から何かをしようとする積極的な行動がない。
新聞もテレビも見なくなって久しい。

親父は自分で運転して病院へ行くことにこだわった。
今朝、親父は自分で運転して病院まで行こうとして、
車を車庫にぶつけた。
私は親父が納得するように車がぶつかるまで、あえて待った。

親父を親父の車から降ろし、私が運転して病院へ向かった。
泣きそうになったよ。

親父は当然のように入院した。

スポンサーサイト
Posted at 23:23 | 雑記 |
2007.01.29

個室へ

親父は入院以来4人部屋に入っている。

看護師さんや同じ部屋の患者さんの話によると、最近、夜中になると騒いだりしているらしい。

昨夜も、何度も漏らしたりしため、個室へ移ることになった。

Posted at 23:44 | 雑記 |
2007.01.30

行方不明→保護

朝6時頃電話が鳴った。
病院のベットから消えたとのこと。
すぐに病院に向かった。

向かう途中で携帯が鳴る。
高校の近くの路上で警察によって保護されたらしい。

親父の病室はたまたまナースステーションの前だったのだが、親父の病室にいると当直の看護師が大きな声で親父に対する文句を言っていた。
申し訳ないのだが、そこまで言わなくてもいいだろうと思う。

病室では家に帰りたいとひっきりなしに言うようになった。

婦長や主治医と面談した。
夜間は看護士が二人しかいないため、例え完全看護であっても、面倒を見きれないとのこと。
なんだったら夜は外泊してみたらどうか・・と提案された。

外泊といっても、我が家には今の親父を受け入れるだけの体制が難しい。
今晩は母が一緒に泊まることになった。

Posted at 23:42 | 雑記 |
2007.01.31

食事

ご飯の食べ方がわからなくなった。
箸は使えるが、箸を持っても、どうしたらよいのかわからない。
私に教えられて、口まで運ぶ。
運んだまま、口の中に入れることなく、箸を元のお皿に戻す。
口の中に入れることを教えると、口の中に入れるが、
食べ物を箸でつかんだまま、また元の皿の上に戻す。

8時すぎまで夕食にかかった。

トイレでもズボンをおろすことができなくなった。

母午後に一度帰宅、風呂に入ったがロクに眠ることもなくまた病院に泊まりに行った。

Posted at 23:30 | 雑記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。